生地川通信

2005年12月号
2006年1月号

草刈あとの冬枯れの景色です。鳥以外の生き物の姿は見られないさびしい景色ですが、今年は厳しい12月だったことがよくわかります。

すくない動物の中でも、コサギやカワセミといった魚を取る鳥たちは、どこにいるのかわたし達にはわからない魚を辛抱強く探しています。 ここはよく鳥が集まるところです。

彩のない世界で、数少ないクチナシの実の赤さはほっと暖かく感じます。

 里山・水グループTOPへ