生地川通信

2005年7月号

ここは生地川近自然公園の中で一番高い土手のところです。春のタンポポからナデシコ、キキョウ、ワレモコウと次々に花が咲きます。

ここを乾燥地花畑に計画中です。

一方ここは、一番低いところで、大水が出ると池ができます。ここには、ミゾハギ、ノハナショウブ、などの湿地性植物が花を咲かせます。湿地性花畑はここに計画します。
そして中間の高さに広がる草原がここです。イネ科をはじめとして季節ごとにいろいろな種類で一面に草が茂ります。ここにはどんな植物が似合うでしょうか。春日井市に昔からあった植物を再現したいと思います。
今年は植生の導入を図り、看板や観察路の設置を目標にします。

 里山・水グループTOPへ