生地川通信

2005年3月号

今年は、寒波がなかなかひかない様で、寒さがいつまでも続いています。ここ数年早く咲いたサクラもまだまだつぼみが固い状態です。

しかし冬枯れの景色もなかなかいいもので、これも落葉樹を主体とした雑木林ならではの景色だと思います。

とは言え、やはり春で、ニホンタンポポがあちこちに顔を出し、帰化植物とはいえヒメオドリコソウやオオイヌノフグリはすっかり日本の春の顔になっているようです。
まだ固いサクラのつぼみ 草刈の季節を前に堆肥場を増やしました。

 里山・水グループTOPへ