2004年7月号

7月号写真1 今年の夏の暑さは、早めに来たうえひときわ厳しいものがあります。
草も例年どおり伸びたようですが、暑さと渇きのせいでしょうか、茂り方が少ないように感じます。
草むらは、小さな生き物達の生活場所でもあるので大切にしたところです。それで・・・

7月号写真2 ムクノキの下あたり、長さ約50m、幅約3mくらいの草むらを刈らずに残す計画を立てました。
周りの草がなくなって、ここがどのように変化するのか調べたいと思います。外来種のセイタカアワダチソウなどに遠慮してもらう作業もすすめてみます。

園路や池周りに草が伸びすぎたら、我々が草刈をしますが、刈った草を溜めておく所をつくりました。
枝折れしたコナラの材を活用したものです。
ゆくゆくは、カブトムシのアパートにしたいと考えています。

7月号写真3

 里山・水グループTOPへ