廻間町便り

2006年8月号

夏真っ盛りの8月は、例年通り草刈から始まりました。刈った草は堆肥場へ積んで、今年のカブトムシの産卵場にします。去年は、たくさんのカブトムシが卵を産んでくれました。

また、ベンチが壊れたので新しく作り直しました。シンプルで丈夫にと考えました。すわり心地はいかがでしょうか?

池の中の生き物も、安定してきました。メダカはたくさんいますし、ハヤの仲間(下の写真)も元気です。

今回の初登場は、タイリクバラタナゴ(左の写真)です。幼魚のうちは背びれに黒い斑点があります。

 里山・水グループTOPへ