廻間町便り

2006年5月号


池の護岸にヤナギの粗朶を使いました。粗朶からはヤナギがどんどん芽を吹いています。
水路を覆いつくす草がはえすぎると、トンボは水面が見えなくなって卵を産みません。草刈が必要な時期に来ました。水路を中心に草を刈ります。
この看板の裏を見てください。ドロバチなどが巣を作っているのを観察できます。
らせん状になっているのは何でしょうか?見るだけでいろいろな疑問が湧いてきます。

 里山・水グループTOPへ