廻間町便り

2005年10月号



秋の空とともに、ナツアカネの顔が真っ赤になる季節が来ました。


今までセイタカアワダチソウが我が物顔だったのに

湿地部分が増えてから、在来の植物がたくさん出て

くるようになりました。チカラシバやミズガヤツリ

それにノギクの仲間も増えました。

あと こんな仲間も。
ハリガネムシです。

(カマキリにつく寄生虫)
 里山・水グループTOPへ