廻間町便り

2005年5月号

田植えを前に、畦道の整備と草刈をしました。田んぼの土は乾いていると扱いづらく、水を含んでやわらかくなったところで、畦に盛り上げます。その最中に面白いものがたくさん見つかりました。その一部をご紹介します。

下の写真左側は、なんとヒメタイコウチです。右はシュレーゲルアマガエルの卵塊で、白っぽいオタマジャクシが動いていました。


ヒメタイコウチ

シュレーゲルアオガエル卵塊
看板の後ろをのぞいてみてください。ドロバチやジガバチが巣を作ることを期待して設置しました。透明アクリルで作ってあり、ふたが開くようになっています。

首尾よく巣ができ、そっとふたを開けて中の巣の様子を観察できるといいですね。

 里山・水グループTOPへ