廻間町便り

2004年7月号

7月号写真1
いよいよ、セミのシーズン到来です。早速ニイニイゼミの抜け殻を見つけました。しかし、なぜニイニイゼミの抜け殻はいつも泥だらけなんでしょう?
午前中はクマゼミ、午後はアブラゼミの合唱を聞くと今年の暑さがひときわこたえます。

隣の田んぼは他に比べ、遅れて田植えに入りましたがそれでもすっかり伸びて水面が見えなくなる勢いです。
この周辺は、風の吹き上がるところらしく、上空にツバメ、中空にウスバキトンボ、低空にシオカラトンボとそれぞれが都合のよい高さでえさを捕まえているのがよく観察されます。

7月号写真2
7月号写真3
この池の周りは、まだ去年整備下ばかりで、生き物の種類も数も少ない状態です。ここしばらくはこの立て札のとおり、採集は控えてもらい、もっと生き物の層があつく、たくさんになったら自由に採集してもらいたいと思います。
トンボ、カエル、クモ、カブトムシ、カナヘビ、クワガタムシ等々いろんな物がすでにすんでいます。


 里山・水グループTOPへ